会社を作るメリットとデメリット

会社を作ったほうがよいのか?個人事業としてビジネスを行っていった方がよいのか?と悩まれる起業家の方がいらっしゃいます。

そこで、以下に会社を作る上で得られるメリットとデメリットを整理いたします。

会社をつくるメリット

 

1. 個人事業では認められない費用を、経費にすることができる。

 本来ならば個人で加入すべき生命保険も、会社名義で加入することで、その保険料を経費にすることが可能となります。
 

2. 家族に給料をはらうことで、税金の節約ができる。

 家族を役員にすることで、例えその家族がほかで働いていたとしても、非常勤として給料や退職金を支払うことで、節税効果を上げることができます。
 

3. 家族も社会保険に加入することができる。

会社にした場合、社会保険に加入しなければいけません。
その場合、家族を役員にすることで、社会保険料の半分を会社負担にすることができます。
 したがって、会社のお金で老後の生活資金を溜めることができるのです。
 

 4. 会社にすると社会的信用ができ、ビジネスがスムーズに進む。

 企業が取引を行う場合に重視するポイントとして、「この会社は信用できるか?」ということがあります。
 信用できる会社かどうかの評価をする場合「決算書の公告」や「登記」の情報を見て評価を行ないます。
 したがって、信用を得るためにも法務局に会社設立を届け出ることが必要になります。
 その他にも社会的信用を得られることができます。
 

 5. 無限責任から有限責任になるため、個人資産を守ることができる。

個人事業の場合、不動産や自動車など例え事業用に使用していたとしても、個人名義となります。
そのため借入金の返済ができなくなった場合には、個人の財産を投げ打って債務を支払わなければなりません。
株式会社にした場合、会社が借りた事業用の借入金は、個人の財産である不動産や預貯金を使ってまで返済する義務はありません。

ただし、会社にしたとしても合名会社や合資会社の場合は事情が異なります。
 

6. 事業承継をスムーズに行うことができる。

 個人事業の場合、事業主が死亡すると金融機関はすぐに口座を凍結してしまうため、事業用の資金も引き出せなくなってしまいます。
会社の場合は会社名義のため、凍結することはありません。
 

7. 事業年度や課税地を自由に設定することができる。

 
 

会社をつくるデメリット

会社を作ることで得られるものはメリットだけではありません。
 
もちろんデメリットが発生する場合がありますので、会社にするべきかどうかを検討する必要があります。
 

1. 事業で儲けたお金を個人で自由に使えない

会社にすると、個人は会社から給料や配当という形で自分の取り分もらうことになります。
個人事業とは異なり、自由に給料を上げたりすることはできなくなります。
 

 2. 会社を運営するコストが増える

会社にすると、なにかとお金が必要になります。
会社設立の登記に関しても、登録免許税や定款認証などの実費だけでも20万円はかかります。
また個人事業よりも会社の財務内容をしっかりと把握しておく必要が出てくるため、会計帳簿をしっかりと付けなければいけません。
決算書も個人事業よりも複雑になるため、専門家へ依頼する必要も出てきます。
そのような専門家への顧問料や事務手数料も考慮しなければいけません。
 

3. 会社の登記や税務申告などの手続きが個人事業よりも面倒になる。

会社の登記することで、会社法の定めに従わなければならなくなります。
しかたがって、会社の本店所在地を移転した場合、資本金の額を変更した場合、取締役の氏名が変更した場合などの会社にとって重要なことを変更した場合には、法務局に申請手続きをしなければいけません。
 
以下に登記すべき事項をまとめました。
 
 ・会社の商号 
 ・本店所在地
 ・資本金の額
 ・発行可能株式の総数
 ・公告をする方法
 ・取締役の氏名
 ・発行済株式の総数
 ・会社の目的
 ・代表取締役の住所
 
その他、会社の形態によって、登記しなければならない項目もありますので、相談の際に確認下さい。


0800-800-3208│会社設立・記帳代行・法人決算のご相談はこちら

当事務所に関する詳しい情報は以下をご覧ください。

3.pngのサムネール画像

当事務所のご紹介


代表よりご挨拶


スタッフ紹介

アクセス


問合せ


HOME