定款の認証

3.pngのサムネール画像

定款を作成したら、公証人役場で定款の認証を受けます。
定款は、公証人の認証を受けて初めて法的な効力を持つことができます。

認証手続きは設立しようとする会社の本店所在地と同一の都道府県なら、どこの公証人役場でも行なうことができます。

なお、現在は電子文書で定款の認証を受けることができます
これを電子定款認証といいます。

電子定款認証とは?

定款認証は電子文書で行うこともできます。
この電子で行う手続きを電子定款認証と言います。

定款を書面で作成した場合には、4万円の収入印紙代が必要となりますが、電子定款認証の場合には印紙代4万円は不要です。

したがって、電子定款認証を選択すると4万円の節約ができるのです!


電子定款を行なうには

電子定款認証を行うためには、Adobe Acrobat等のPDF化ソフト、電子証明書、ICカードリーダー等のハード面の準備が必要です。
ハード面での準備の他、Javaや法務省オンライン申請システムの設定等、ソフト面での準備も必要になります。

またハードを揃えたとしても、何度も使うようなものではないので、ご自身で行おうとすると費用も手間もかかってしまうのが実際のところです。


当事務所では、電子定款認証に対応しております。
また書類作成なども一括でお受けしておりますので、一度ご相談ください。


0800-800-3208│会社設立・記帳代行・法人決算のご相談はこちら

当事務所に関する詳しい情報は以下をご覧ください。

3.pngのサムネール画像

当事務所のご紹介


代表よりご挨拶


スタッフ紹介

アクセス


問合せ


HOME