合同会社(LLC)設立

※このページは、現在準備中です。
mendan.PNG

合同会社とは、平成18年5月施行の会社法により創設された、新しい会社形態です。

今まで小規模事業者にとっては、合資会社や合名会社という手段がありましたが、いずれも「無限責任」であり、経営者にとっては非常に大きなリスクがありました。

一方LLC(合同会社)では、経営者は出資額を限度とする「有限責任」となったため、無限責任の会社形態よりもリスクは大きく軽減されます。
さらにリーマンショック以降、合同会社の設立割合は増えています
特に介護事業者など法人化が必要な業種で、合同会社を設立する人が増えています。


合同会社のメリット

1.配当を多くすることができる

合同会社は”人的会社”と呼ばれ、「人」を主体に考える会社であり、「お金」だけでなく、「知識」や「ノウハウ」、「技術」、「人脈」、「経験」などの全てが資本となってきます。
つまり、たとえ出資額が1円でも、組織にとって重要な役割を果たす人には配当を多くする事ができます
また、そうしたアプローチが組織の活性化にもつながります。

 

2.設立時の費用が安い

合同会社設立に場合には、定款の認証手続きが必要ありません。
登録免許税も6万円と安くなっています。

したがって、
設立時にかかるコストを安く抑えることができます



合同会社のデメリット

1.業務執行のスピードが遅くなる可能性がある

株式会社では「所有」と経営の「分離」すなわち、株主が会社を所有し、経営のプロである取締役に経営を委任していた形になります。
これに対して、合同会社は社員、組合員全員が経営に参加する事が求められています

したがって、業務執行のスピードが遅くなる可能性があります


2.社会的認知度・信用度が低い

平成18年5月施行の会社法により創設された新しい会社形態であるため、社会的な認知度はまだまだ低いといえます。
それに伴い、信用度も株式会社と比較すると低いと言えるでしょう。


 

合同会社をお奨めする場合

将来的な成長や取引上の信用度を考慮すると、株式会社の方がオススメですが、次のような場合に、合同会社をお奨めしています。


・ 既に会社を経営していて、多角化や他分野に進出するにあたり別会社を作る場合

・ 技術力や営業力に自信があり、会社の信用能力にはこだわらない場合

・ 創業時の資金に不安があり、できるだけコストをかけたくない場合


合同会社設立サポート

合同会社を設立する場合、株式会社設立とは異なり、定款認証手数料、定款謄本代は不要です。
また、登録免許税も株式会社よりも9万円も安い、6万円
で済みます。

さらに当事務所では、電子定款を利用する為、定款に貼る印紙代4万円も不要です。
したがって当社へ49,800円お支払いただいても、通常かかる印紙代4万円を差し引くと、
実質9,800円
で合同会社設立ができるのです!

 
  自分で設立する場合 当事務所へご依頼していただく場合
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 50,000円 50,000円
定款謄本代 2,000円 2,000円
登録免許税 60,000円 60,000円
当社手数料 0円 49,800円
その他 交通費・郵送費など実費 実費は全て当社負担
合計 100,000円 109,800円
               差額はたったの9,800円!!